薬膳とは

薬膳の基本と医食同源

薬膳とは薬膳は、中国伝統医学の理論を基礎として、薬草等の「中薬」と食材とを組み合わせた料理をいいます。これは、東洋医学の知恵を生かした「薬食同源」の考え方がベースとなっています。自然界の動植物や鉱物の中から、経験的に選び出し、病期の予防や治療、健康増進に役立てる知恵が「薬食同源」です。

陰陽と五行

薬膳の考え方には「陰陽」と「五行」があります。身体を巡る気・血・水・土・風・五行説から生まれた五臓のもとに、各自の体質にあった食材を選んで、それを使って調理して、食することで、体調を整えることを目的としています。
漢方を入れなくても、食材その物に薬効の高い物があります。そんな食材を使用することで、体質改善ができ、自らの身体の力で健康的になることを目指します。